労働社会保険手続の代行

(主な代行業務)
 労働社会保険の適用
 労働保険の年度更新
 社会保険の算定基礎届

 労働保険の年度更新事務(6・7月)、社会保険の算定事務(7月)は、煩雑で企業にとって大きな負担のひとつです。
上記以外にも労働社会保険の複雑で多岐にわたる様々な事務手続きを円滑、的確に代行いたします。


人事労務コンサルティング


 企業経営の3要素と言われる【ヒト、モノ、カネ】。そのうち『ヒト』が最も重要だと言われています。
 契約社員・パート・アルバイト・派遣社員といった雇用の多様化が進む昨今、人材の能力を引き出し、いかに活用していくかが、企業経営にとって重要な課題だと言えます。
 しかしながら、それぞれの企業において人事体制を構築していくことは、その会社の業種・社風・顧客等にも密接に関わっており、非常に難しい経営事項のひとつとなっております。
 
 当事務所では、様々な会社の実情を専門家の視点から見極め、きめ細かいコンサルティングを行ってまいります



就業規則・諸規程の相談・作成


 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成して、事業所のある所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。

 就業規則は、労務管理の会社のルールとなるもので、始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、賃金の決定支払方法等を細かく法令に沿った形式で作成されます。

 就業規則を作成することは、時間外労働・割増賃金等の残業トラブルを防ぐだけでなく、優秀な人材を確保することにもつながってきますので、会社の実情にあった就業規則を作成することが重要になってきます。
 
 就業規則の作成の他、労働協約、労使協定、労働契約書等の各種協定書の作成も受けたまっております。


給与計算業務

 給与計算は、社会保険料や税金等の計算はもちろん、労働者一人一人の雇用形態をきちんと把握しなければならないため、正確な知識ときめ細かな作業を必要とします。
弊社では、給与計算に付随する各種手続きから給与計算・給与明細納品までサポートいたします。

    

年金相談(最適給与シュミレーション)


(主な代行業務)
 年金の加入期間、受給資格等の調整
 年金の請求に関する書類の作成
 行政機関への請求書提出
 年金・給与・給付金シュミレーション

 年金は、本人が加入している年金の種類や期間等により支給額が異なる上に、法改正や制度自体の変更などにより、見込み支給額が増減することもありえます。専門家でないと判断出来ない分野ですので、ご不明な点等がございましたらお気軽にご相談下さい。

各種給付金・助成金のご相談・申請


 助成金の受給は融資などと異なって返済の必要は無く、条件を満たせば当然受けるべき権利ということが言えます。事業の目的や計画に合わせて効果的に助成金を利用しましょう。

 基本的に助成金は『採用』『研修』『創業』の事柄に絡んだ分野が多く、種類も多岐にわたっています。また、助成金の法改正は毎年のようになされ、専門家でないと内容を把握することは困難です。
さらに、提出書類も膨大な量になっていることが多く、受理されるためにはかなりの時間と労力を費やす事になります。
 
 当事務所では、助成金のご相談から申請書類の作成代行、提出までトータルサポートいたします。要件に該当するかどうかなど、お気軽にご相談下さい。 

 

事務所概要